カードローンを選ぶ際には

カードローンを選ぶ際に、人気のあるカードローンを選ぶという方は少なくないですよね。

もちろんそれも悪い方法ではないのですが、カードローン選びで一番大切な事は、そのカードローンが「自分に合っているか」という事です。

というのもいくら人気があると言っても、自分のニーズと違っていては全く意味がありませんよね。

なので最初に自分のカードローンに対する条件を決めて、それに合うようなカードローンを選ぶ事が一番良い方法だと言えるでしょう。

比較サイトなら自分の条件あったカードローンがとても選びやすいのでおすすめですよ。

カードローンを選びたいと思っている方は、是非この方法を試してみてください。きっと満足のいくカードローンが選べる事でしょうから。

キャッシング会社でトータル的にみて、おススメなのがアコムです。アコムについて詳しく紹介されているページはこちら⇒アコムでお金を借りるなら※急いでる人にピッタリの申込方法

お金借りる前に考える

物質的に豊かになった日本では、さまざまな場面でお金が必要とされています。

言い換えれば何をするにもお金がかかり、貯金にまわせる十分なお金がありません。

しかし急な冠婚葬祭や急な物入りなど、現金が必要なときはある日突然やってきますので家計をやりくりしている主婦や毎日少ないお小遣いで頑張っているサラリーマンには厳しいものがあるでしょう。

親族や友人にお金借りることができればいいのですが、それができない人や誰にも知られたくない場合は必然的に便利な借入のサービスを選択する人が増えてきているのです。

昔のサラ金のイメージから借入は危ない、怪しいといった意見もありますが、借入自体は危なくも怪しくもなんともなく、むしろ大変便利で使い勝手のいいサービスの一つです。

しかし借入をする自分の無計画さや甘さが引き金となり、あっという間に借金が膨らんでしまうケースも存在します。

 

レイクは安心の新生銀行グループ

レイクは新生銀行グループのキャッシング会社なので信頼と安心感があります。

パソコンや最新のスマートフォンからレイクのサイトでの申し込みに対応しているので無人契約機に来店する必要がなく24時間いつでも申し込みをすることができます。

30日間無利息または5万円まで180日間無利息のサービスを受けられて即日キャッシングにも対応しています。

平日の14時までに申し込みを完了すれば当日中に融資を受けることが出来ます。

アルバイトやパートの方でもキャッシングができます。

収入面で不安がある方はお借り入れ診断に年齢や年収を入力すれば一瞬で借り入れ可能か判断が出来ます。

銀行のカードローンには安心

仲のいい友達と休暇の時期が重なりせっかくだから海外旅行にでも行くかという話になりました。

お互い社会人なので休暇が重なるということはめったにないのでこういう機会は大変貴重です。

しかし、私は旅費が足りない事に気がつきました。

その時は冠婚葬祭が重なり給料日までぎりぎり生活できるという状態でした。

かといってこういう機会はそうそうないので旅行に行くのを諦めるつもりはありませんでした。

今回限りということで銀行のカードローンからお金借りる事にしました。

給料の振り込みにも使っている銀行のカードローンなので安心感がありました。

金利も低くて返済も自動引き落としなので返済が滞るという心配もなさそうです。

すでに口座は持っているので後は勤務先の情報登録と在籍確認を済ませれば簡単にカードを作る事が出来ました。

モビットの口コミと評価

カードローンのモビットに関する口コミや評判は、インターネット上のレビューサイトなどで容易に知る事が出来ます。

 

モビットの口コミを見てみると、他社と比べて良い評価が多いのが特徴です。

モビットは同じ業界内でも高く評価されているので、自然と利用会員からの評価も高くなっているようです。

モビットの口コミは「絶対にダメだと思っていたのに、簡単に審査に通ることが出来ました」というような、感謝や喜びのレビューが多いです。

確かに、様々なレビューサイトを通してモビットの口コミを見ていると、ある一定のパターンが掴めてきました。

 

「カードローン会社、数社に申し込むものの、否決→しかしモビットなら可決。」

 

といったパターンです。

この結果、モビットではカードローンの審査が非常に柔軟だということが良くわかりました。

 

しかし、モビットの審査が「甘い」のかというと、決してそうでは無い様なのです…。

では、審査が厳しいのに、どうしてモビットでは沢山の人がカードローンを申し込めたのか?

と、不思議に思われる方も多いのでは無いでしょうか?

 

実は、モビットでは独自の審査基準を設けており、他社の審査とは違った方法で、融資の可否を決定しているのです。

モビットの審査は「返済能力の有無」を重視しているので、職種や働き方が審査に影響する事が殆どありません。

こういった点から、これまでカードローンを作る事が難しいとされていた、アルバイトやパートの方々、フリーランスや個人事業主と言った方々でも、モビットなら簡単にカードローンを組む事ができるようになっているのです。

これが、モビットで借りられる人を増やしている、大きな原因だと思われます。

 

どのカードローン会社でも同じように、借り入れが年収の1/3を超える場合は否決される可能性が殆どです。

こういった場合でも、モビットは「おまとめ目的」のカードローンを設けているので安心です。

総量規制外のこのローンを利用すれば、借り入れの多い方でも低い金利で借り換えが出来ます。

 

モビットは、大手銀行系のカードローンということで、顧客からの信頼も厚いです。

またモビットでは、融資実行後、毎月一定額をきちんと返済し続けていると、利用枠の増額スピードが(他社と比べても)圧倒的に早いので、こういった点も、利用会員から高い評価を得ています。

レイクの貸付条件

レイクは、消費者金融として大手銀行である新生銀行が運営しています。新生銀行と言えば、大手であることから知名度も高く、数々の賞を受賞した経歴があるので、利用者にとって安心出来る銀行と言えます。

その新生銀行が運営している事からレイクは、利用者からの評判も良く人気の高い消費者金融です。

レイクの貸付条件には、満20歳以上から65歳以下の方で雇用形態は問わず、安定した収入のある方であればどなたでも申し込む事が出来る事から学生や主婦でも気軽に申し込み事が可能です。

申し込みを行うと返済能力があるか?審査が行われますが、利用者からは、審査は厳しく無く他社からの借入が無い場合、ほぼ間違いなく審査通過出来るようです。

レイクの場合、審査に本人確認のために連絡先へ担当者から電話を行いますが、けしてレイクを利用した事は話しませんので、ばれる心配もありませんし、審査時間も短いと評判なので、待ちくたびれる事もありません。

基本は、50万円までを融資額としていますが、収入証明書を提出して審査通過する事で最大で500万円まで借りる事が出来るので、色んな用途に利用する事も出来ます。

金利は、9.0%~18.0%で他社と比較しても高くありません。金利が高いと利息も高くなるので、返済総額も多くなります。

担保・保証人は、新生フィナンシャル株式会社が保証してくれるので、申し込みに手間を掛ける事無くインターネットや自動契約機・郵送・電話で申し込みを行う事が出来ます。

審査通過すると最長5年間、その後は、1年毎に自動更新を条件として契約完了する事でお金を借りる事が出来ます。

ここまで見てみると申し込みから契約完了までは、他社と違いはありません。返済は、一括もしくは、分割どちらか選択して行う事も出来るし、返済金額も融資額によって差はありますが、高くは無いので安定した収入があるので、苦にすることなく返済出来ると思います。

以上がレイクの貸付条件となりますが、金利は、取引内容が良い場合や新たに契約した時など、優遇されて低くなる事も多く、自分の都合の良い方法で申し込みを行う事も出来るので、初めての方でも利用しやすいと思います。

プロミス審査・在籍確認電話は掛かるのか?

プロミスのカードローン審査に於いても在籍確認電話は必ず掛かります。

プロミスのカードローン審査で最初に行われる審査は、全国銀行個人信用情報センターなどの個人信用情報機関に申込者の過去の返済履歴や他社の借入状況を照会することです。

そして、全国銀行個人信用情報センターなどの個人信用情報機関に申込者の過去の返済履歴や他社の借入状況を照会して過去の履歴に問題が無かった場合は、申込者の現在の状況と将来の返済に不安が有るか否かが審査されることになります。

つまり、申込者の現在の状況を確認するために、勤務先と現住所への在籍確認が行われます。

勤務先と現住所への在籍確認電話は、一見、形式的な手続の様にも見えますが、在籍確認電話によって解ることがあります。

例えば、勤務先や自宅の電話番号の書き間違いや虚偽の記入です。

また、勤務先での地位が申告と違うことが判明することもあります。

更に、自宅に電話することで、家族関係の微妙な問題が露見することもあります。

逆に言えば、在籍確認電話で何も問題が見つからない申込者が大部分ですが、数パーセントの確率で在籍確認電話で問題が見つかります。

在籍確認電話で問題が見つかると、場合によっては審査がその時点で打ち切られることも有り得ます。

また、程度によっては、クレジットスコアが減点されることになります。

通常、勤務先に対しては、女性が個人名で電話を掛けてきます。

また、同様に個人名で自宅に電話が掛かります。

女性からの電話の方が、オペレーターからの電話や営業電話を装い易いからです。

勿論、プロミスなどの消費者金融会社名を名乗って電話することはありませんし、先方が不快感や不信感を持つ様な掛け方はしません。

そして、在籍確認電話は勤務先と自宅の両方に在籍確認される場合もあれば片方だけの場合もあります。

現在の様に自宅に固定電話を持たない人が増えている状況では、勤務先への在籍確認電話は重要なのです。

アイフルに助けられた思い出

私は、アイフルを時々利用しています。

アイフルと初めて出会ったのは、仕事での出張先でした。

手元にあるお金が尽きてしまい、知らない土地でどうすることも出来なくなった私に、助けの手を差し伸べてくれたのがアイフルでした。

アイフルは消費者金融業者です。

たくさんある消費者金融業者の中でもアイフルは知名度が抜群ですし、よくテレビコマーシャルや雑誌の広告などで宣伝されているので、安心感を抱いたことがご融資のきっかけでした。

お金を借りるということは、責任感を感じることですし何らかのトラブルが無いようにしなくてはいけないので、安心してご融資出来そうなアイフルに行こうと決めました。

初めて来店したアイフルでは、無人の契約機があるお店へ足を運びました。

機械の操作方法など、ていねいに電話で応対してくれて、機械音痴の私でも安心して利用することが出来て、嬉しかったです。

そして、わずか30分ほどで審査をスムーズに済ませて下さり、まとまったお金を手にすることができたので、本当に助かりました。

今でもあの安堵感とよろこびは忘れられません。

アイフルは、利息が少ないこともメリットの一つです。

全国各地にあるATMからすぐに返済できますし、どこでも使えて本当に便利です。

 

 

昔ながらの体質

まだ金融商品に関する新しい法律が出る前のことです。

かなり昔のことですが、弟が「武富士」からお金を借りていたようで、突然返済を迫る電話が鳴り始めたのです。

それは毎日のようにかかってくるようになりました。

しかも、夜になるとドアを叩いて叫んでくるのです。

借りている本人がいないのでわからないと答えると、「家族なんだから、あんたが返せ」と言ってくるんです。

保証人になってもいないからと断りました。

そんなやり取りをしていて、挙句の果てには「あんたがお店でちょっと働けば済むことやろ」などと失礼極まりないことも言い出ししました。

私はもう頭に来たので弁護士に相談の上、私の貯金から正当な額だけ払い2度と関わらないことを「武富士」にも弟にも誓いさせました。

正直、今でも「武富士」の体質がどうなっているのか、わかったものではないでしょうね。

2001年だったでしょうか、詳しくは覚えていませんが、法改正によりいくばかりかは以前より改善されたとは思います。

でも、未だに過度な取立てや、無理な融資をしているとも「口コミ」があるようですね。

借りないことが1番でしょうが、しょうがない時もあるでしょう。

十二分に気をつけてください。